スマイルライフパートナーの店長のブログ

東京都内でお料理を中心に家事代行をやってます。水回りのハウスクリーニングもやっているので清掃など家事に役立つ情報や代行依頼の参考になる情報を発信しています


アスクル個人向け通販

<< 家事代行 集客方法 | main | ハウスクリーニング 家事代行 違い >>
家事代行を依頼する時の目安
0
    今まで家事代行スタッフのお仕事について書いてまいりましたが
    今回からは、利用を検討なさっている方に役立つ情報をご紹介してまいります。

    ご依頼の際の参考にしていただければ幸いです。




    家事代行を依頼する時、1回だけの単発利用か、それとも週に1回以上の定期利用か。
    まずはそれを決めていただくと予算がある程度見えてきます。

    ひとまず1回依頼して、その後も定期的に頼みたいというお客様が多いので、今回はその設定で利用パターンをご紹介いたします。


    一応、家事代行サービスを提供しているところは最低2時間からという会社が多いです。
    2時間あると、お部屋の間取りにもよりますが、だいたいほとんどの共用部分をザッとお掃除できるからだと思います。

    ほとんどの箇所というのは。。。

    ・掃除機掛け(居間・ダイニング・キッチン・廊下など)
    ・お風呂掃除
    ・トイレ掃除
    ・洗面所掃除
    ・プラスα(その他)

    お部屋はリビングやダイニングといった共用スペースだけの依頼が多めです。

    プラスαはお客様によって異なりますが
    掃除機掛けした後のふき掃除とか、棚のホコリ取りなどがあります。

    窓掃除をやるとなるとサッシの部分がけっこう汚れている事が多いので、プラスαには入りにくく
    例えば2間分のベランダ側の窓をやるとなると30分くらいは見ておいたほうがいいです。

    窓自体はさほど時間がかかりませんが、サッシの溝の部分で時間をとられます。

    台所の洗い物とシンク・排水清掃も30分くらい(洗い物の量にもよります)。


    なので共用部分だけでも全体的にキレイにしてもらいたい場合は3時間あるとかなりしっかりキレイになります。

    洗面所やお風呂場などは細かいものが多いので予想外に時間がとられます。

    家事代行を依頼したいけど2時間分の予算が限界という場合でしたら、少しでも物を減らすという工夫をすれば手際の良いスタッフさんでしたら2時間で全体が可能です。

    お風呂場でしたら、浴室内に置いてあるものが例えばイス1つと桶が1つ、シャンプーなどのボトル類も全部で5本以内に収めておくとお掃除もしやすいので時短が可能です。

    お風呂場の掃除方法というのは、私の場合ですが(ベアーズ仕様です)まず洗剤で浴槽と浴室全体の壁とドアと床と排水部分を洗います。
    シャンプーのボトルが汚れていたらそれもバススポンジで洗います。
    イスや桶も洗います。

    小さいお子さんがいらっしゃるとオモチャもあるので、それも汚れていたら洗います。

    その後、浴槽内以外は全部拭き上げるので、物が多いとそれで時間がかかります。

    時間で作業を行っているので少しでも多くの場所を掃除してもらうなら、浴室や洗面所は特に物を少なくするのがコツです。普段使わない物はしまっておくのが得策です。


    単発利用だと定期的にお掃除していないので、汚れも当然それなりに汚れています。
    つまり作業時間が定期利用に比べると余計にかかります。

    そしてほとんどの家事代行サービスの料金設定は単発利用だと料金が高めです。

    それなら、週に1回でも定期的に利用すればキレイな状態をキープできますし、1時間あたりの単価も安くなるところがほとんどなので利用を検討なさるなら定期利用なさる事をおすすめいたします。




    で、結論といたしましては。。。

    初回は3時間で単発的に依頼。
    そのスタッフさんでOKなら、その後定期利用を申し込みし、1回あたりの時間数を検討する。

    初回のスタッフさんが気に入らない場合は別のスタッフさんを派遣するように会社に打診。
    1回目である程度お掃除されているので、2回目からは2時間で依頼。
    スタッフさんが固定できたら、お互いの合意で2時間にするか、もっと長い時間利用するか話し合いをして決めればいいと思います。


    それなりの料金を支払う事になるので、派遣されるスタッフさんの質にはこだわったほうがいいです。
    でもあまり欲張りすぎると、その優秀なスタッフさんが来られなくなった時に困りかねないので
    ある程度のところで妥協は必要になってくると思います。

    定期的に訪問されるサービスなので、作業よりも性格を重視するという考え方もアリですね。

    お客様によってコミュニケーションしたいかたとそうではないかたとかなりハッキリ分かれるので、前者でしたらやはり性格が合うというのも選択肢の一つになると思います。


    上記にあげた作業例はあくまでも一例です。
    でもご依頼が多いのが上記の作業なので一例として取り上げました。

    依頼なさる方の要望で家事と言われる範囲の事に対応していますので、ご依頼なさる時に作業内容をだいたい伝えておけば当日そんなに時間のロスはありません。

    作業する側も初回はとにかく時間が読みにくいので、必ずやって欲しい箇所と、時間があったらやって欲しい箇所をリストアップしておくと分かりやすいです。


    以上、家事代行サービスを利用検討する際の目安をご紹介いたしました。
    次回は、家事代行会社を仲介せずに直接契約する時のリスクについて書こうと思います。

    利用時の参考にしていただければ幸いです。

    長文で稚拙な文章を最後までお読みいただきましてありがとうございます。
    分かりにくかったらコメントにてご質問していただければ分かる範囲で回答させていただきますね。









    お問い合わせ方法はHPまでお願いします スマイルライフパートナーHP

    | スマイルライフパートナー ながしま | 家事代行サービス | 22:49 | comments(0) | -










    このページの先頭へ